すだれやです。『京すだれ川崎』です。京都で、すだれ(簾)を作ってます。(オーダーサイズもできます)春も夏も秋も冬も・・・『すだれ』を編んでいます。
オリジナルすだれができます。竹の加工してます。

ホームページopen 1997・8・1〜


京すだれ川ア
〒621-0052 京都府亀岡市千代川町千原片ホコ14-3
TEL0771-22-6833 FAX0771-22-6835


tegami@kyo-sudare.com


すだれや紹介

会社概要

すだれ号お出掛け

すだれやの展示場紹介

京すだれについて

すだれやオリジナルカレンダー

葭を編むのは、とても難しく編むのに、10年20年とかかります。
※「ためる」・・・葭は、節の所でクネクネと、いがんでいます。
         いがんでいるのを直す為に、葭を手でためながら
         編んでいきます。

すだれ寸法に幅をカットします。そして竹付け(すだれのサン竹)をします。
すだれやでは、竹を2枚合わせでつけます。竹が1枚だとすだれが反ってしまいます。
糸をくくって、ぎゅっと締めます。
最後、糸・桟竹を切って完成です。


すだれやの作業風景

すだれの幅に合わせて、糸の位置を決めて編んでいきます。(目盛り合わせと呼んでいます)
材料を機械に入れて、ペダルを踏んでガッチャン!ガッチャン!
homeへ
カタログはこちらへ
アクセス
すだれやブログ
メール